おすすめ買取査定サイトのご紹介

車の買取相場について

 

車の買取相場は海外のニーズや国内の新車の発売時期に反映されており、新車の発売のサイクルが長いほど、買取相場は落ち着いていたりと車種によって相場は大きく違ってきます。

 

よって、悪い口コミに掲載されている車と同じ車を査定してもらって、口コミより高く売れたなんてことは「車の買取あるある」と言えるでしょう。
それは、新車の発売と買取相場と中古車販売の売れ行きが大きく査定に影響があることを知っておくと得した気分になれますよ。

 

 

 

■新車の発売時期が分かるとなぜ良いのか

 

2017年2月にフルモデルチェンジして発売された、スズキのワゴンRを参考に見ていきましょう。

 

車体はモデル前よりとコンパクトとより燃費が良さとして注目されています。

 

そんなワゴンRの買取相場は
平均的に80万円。
新車発売前の相場は90万円まで上がっていました。新車発売された2017年2月以降から、10月までの買取相場は低くなると予想されます。

 

もし、ワゴンRの新車に買い替えるのなら、顔なじみのディーラーとの関係に左右されると思いますが、場合によっては下取りのほうが高くつく可能性もあるということを頭に入れておくと良いでしょう。

 

2017年の夏から2018年以降はフルモデルチェンジする新車が多いため、売るならボーナス前の6月?7月までが平均的なら相場と同じで売れる最後のチャンスということです。

 

■相場は低くなる一方

 

国産車も輸入車も2016年12月から緩く相場が低くなっています。
理由からして、マイナーチェンジやフルモデルチェンジのサイクルがどの車種も重なっていること。
レクサスやBMWやフォルクスワーゲンなどはもろに直撃している傾向があり、日本で人気の車種ほど相場はさほど変動はないと見ますが(フォルクスワーゲンならゴルフ BMWなら3シリーズ)、人気の車種でも中古車の市場の相場は低くかる傾向があるため、自分の車種の相場がどれほどなのかを知っておくと良いという理由です。

 

そのためには、車の一括査定サイトを利用すると、車の相場を知ることができます。

 

あくまでも参考程度という認識でおくと、輸入車専門の買取業社に査定を依頼したら、サイトで見た相場より高かったということもありますので、相場は低くても買取業社は皆さんの車を修理 整備 点検をして優良な中古車として販売するように心かげていますから、査定額とスタッフの対応や接客にも目を光らしてみてください。

 

■最後に:比較的買取相場が高い車とは

 

買取相場が低くなる一方でも、高額な買取価格が期待できる車は、ダイハツのタント。

 

平均的な買取相場は126万円。

 

半年間の相場をみても120万円を切ることはないと予想されています。

 

ダイハツのタントは若い世代かは主婦やファミリー層まで人気があり、中古車の販売のの売れ行きが好調。新車が販売されても、大幅な変動は少なく、中古車で買いたいというユーザーが多い車なのかを調べるのも、車を高く売るためのコツをまとめると、

 

・中古車でも買いたい車なのか

 

・買取相場

 

2つの情報をもとに、車を売るタイミングを見つけてくださいね。